よくある質問

よくある質問「購入後」一覧にもどる 

「購入後」編

Q.01電源が入らないときは?
A.電池が入っているか、もしくは電源アダプターが接続されているか、
電源アダプターがコンセントにきちんと接続されているかをご確認下さい。
*確認後も変化がない場合は故障の可能性がありますので、ご連絡下さい。
Q.02画面に「エラー」が表示されたときは?
A.接続コードや粘着パッドの接続、もしくは粘着パッドがしっかり貼り付けられているかどうかを確認し、再度出力調節ダイヤルを入れて下さい。
*確認後も変化がない場合は故障の可能性がありますので、ご連絡下さい。
Q.03出力調整ダイヤルを回しても(EM1、EM100)、または出力アップスイッチを押しても(EM300)数値が上がらない時は?
A.操作手順を再確認して下さい。
*確認後も変化がない場合は故障の可能性がありますので、ご連絡下さい。
Q.04粘着パッドが剥がれてしまったときは?
A.粘着パッドは、乾燥してくると粘着力が低下します。水を数滴つけると回復することがありますが、通常の使用で1か月から1か月半くらいで交換することをおすすめします。
Q.05粘着パッドのプラスとマイナスの使い分けは?
A.電極コードの先が、赤(プラス)と黒(マイナス)になっています。トレリートはプラスとマイナスの電極が一対になり、その間の筋肉を電気の刺激で動かします。
上下の決まりはありませんが、左右同じ配列にしてご使用下さい。
Q.06ビリビリという刺激感が強い場合は?
A.粘着パッドを貼る位置を少し変えるだけでも、刺激感は変わります。
筋肉が「ギュ−ッ」と強く収縮する(大きく動く)部位に貼ることがポイントです。
出力の強さは、「軽く感じる」程度では効果が期待できません。徐々に出力を上げるようにしてください。
Q.07粘着パッドでかぶれた場合は?
A.バンソウコウや湿布のように、お肌が敏感な方は、かぶれたりすることが稀にあります。その場合、敏感肌用の粘着パッドがあります(小サイズのみ)。一度お試しください。
Q.08使用途中で出力が下がるのは故障ではないですか?
A.故障ではありません。各部位のプログラムは、最初3分間(EM300は2分間)ウォームアップ(準備運動)の刺激になります。使用開始3分後(EM300は2分後)、ウォームアップからトレーニングに変わる際、刺激感が変わるため出力が70%に下がるようにプログラムされてます。
Q.09使用途中で「エラー」が出て、出力が「0」になる(止まる)場合は?
A.まず、

(1)粘着パッドを4枚とも身体に貼っているか?
(2)接続コードを2本ともさしているか?

をご確認ください。
エラーは、「2本の接続コードの接触不良」または「粘着パッドの粘着力劣化」に起因するケースが殆どです(本体の不良ではありません)。新しい粘着パッドに交換しても「エラー」になるようであれば、接続コードの接触不良が考えられます。(その場合、コード交換して下さい。)
Q.10使用途中で画面が消えてしまう場合は?
A.電池の使用で、「使用中に画面が消える」「トレーニングに切り替わった瞬間に止まる」場合、電池切れの可能性が高いです。新しいアルカリ乾電池との交換をお勧めします。マンガン電池での使用の場合、すぐに電池切れになります。アダプター使用時(EM1、EM100の場合)に画面が消えるようであれば、アダプター不具合の可能性も考えられます。アダプターを交換して下さい。
Q.11二の腕や太ももで使うと、手首やふくらはぎも動くのは何故ですか?
A.EMSは運動神経に作用します。運動神経は脳から指先まで無数に繋がっています。
これは人間が上半身・下半身を動かす動作が連動しているためスムーズに動作が行なえるような構造になっております。そのため、例えば太ももに流したEMS電流が神経を伝わり、ふくらはぎまで流れようとする事から起こる現象です。
Q.12最大の出力で筋収縮が起きても余裕になってしまった後の使い方について
A.最大の出力で余裕でもEMSトレーニングには必要十分な出力です。そのまま最大出力で使用し、時間をかけることで補ってください。稀に、使用開始当初から最大出力でも物足りない方がいらっしゃいます。EMSには不向きなタイプです。理由は明確ではありません。
Q.13効果的な使用方法は?
A.出力を不快感にならない程度に強くして、なるべく長時間使用してください。
腹部だけでなく、ヒップや太ももなどの比較的大きな筋肉にも使用するとより効果的です。筋肉は鍛えられたことにより、以前よりも少し強くなって回復します。しっかり回復していない状態で筋肉運動をすると筋肉に過度な負担をかけてしまい逆に効果を小さくしてしまう可能性がございます。
但し、異なる部位で毎日使用する場合は問題ございません。例えば本日、腹部で使用した場合、翌日は胸部で使用する場合は問題ございません。
Q.14修理点検について
A.■修理に出す前に
粘着パッドやトレリートコードなどの交換にて改善する事もあります。
修理に出す前に以下をお試しください。

■修理費用について
  • ・保証期間の1年を過ぎている場合は点検費用3000円(税抜)が発生致します。
    ※保証期間内でも有償になる場合がございます。詳しくは保証書の「保証規定」をご確認下さい。
  • ・修理が必要となる場合は、点検費用と修理費用を合わせてご請求させて頂きます。
  • ・具体的な費用につきましては、お見積り金額が決まり次第、修理前に担当者よりお電話にてご連絡を差し上げます。ご連絡には最大で8営業日程お時間を頂く場合があります。

■修理期間ついて
弊社到着後、約2週間程で返却致します。
※夏季休暇、年末年始、及びゴールデンウィークなどの長期休業前または休業中に受付けの場合、お預かりから返却まで最長1ヶ月程、お時間を頂く事があります。

■送付先:
〒103-0023 東京都中央区日本橋本町3-1-1 日本橋TIビル 8F
東レインターナショナル株式会社
ライフグッズ部 トレリート担当者 宛て
電話番号:03-3245-6450
※修理窓口がございませんので、直接のお持込みは受付けておりません。ご了承ください。

■送付頂くもの:
  • ・トレリート本体
  • ・コード等の部品一式
  • ・症状等をご記入頂いたメモ紙
    ※症状、お客様の住所、氏名、電話番号を明記ください。
  • ・お買い上げ1年未満の場合は「日付の入った保証書」、もしくは「お買上明細(レシート)」
    ※コピー不可

■ご注意
  • ・お荷物の発送と到着の記録が残る発送方法(宅配便、ゆうパック)にてご発送ください。
  • ・本体が破損しないように梱包してご発送下さい。
  • ・弊社にてお荷物の到着が確認出来ない場合は修理いたしかねますので、予めご了承下さい。
  • ・お客様から弊社への送料はご負担ください。修理品返送の際は送料弊社負担にて発送いたします。

よくある質問「購入後」一覧にもどる 

このページのトップへ

  • ご利用条件
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ